良いお年を

今年もライブでお世話になった皆さま、ありがとうございました。
毎年全国を廻らせていただき感謝しかありません。
来春は新しいアルバムをリリース致します。
タイトルは「 Love & Peace 」。

 

来年は今までで一番、色々とメチャクソ頑張ります。

 

良いお年を^^

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「西村歩のウラFacebook」

https://www.facebook.com/groups/ayumunishimura/

ソロギタリスト西村歩のFacebook非公開グループです。

グループ内でしか話せない日々の事や新曲の事、ツアー中のあれこれ、配信もやっていきます。

 

承認制の非公開グループになりますので、承認されなければ内容は見ることができません。

参加ご希望の方は「グループに参加」をポチッとしてください。承認まで少しお待ちいただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<西村歩ライブツアー2019 " Love & Peace ">

2019/01/26(土)【宮崎県小林市】会場:sabori bar

2019/03/01(金)【福岡県】会場:御縁屋

2019/03/02(土)【熊本県】会場:カフェレストポケット

2019/03/03(日)【鹿児島県】会場:Live Heaven

2019/03/15(金)【福井県】会場:Bar Jake

2019/03/16(土)【富山県】会場:未定

2019/03/17(日)【石川県】会場:F&Pホール

2019/03/19(火)【愛知県】会場:Art&Musicspace 源

2019/03/20(水)【岐阜県】会場:ufu cafe

2019/03/21(木)【静岡県】会場:未定

2019/03/22(金)【奈良県】会場:未定

2019/03/23(土)【和歌山県】会場:cafe bar musica

2019/03/24(日)【大阪府】会場:5th Street


コメント
明けましておめでとうございます☆

いよいよ新しい年の始まりです!

どんな年になるのか、
やっぱり大晦日に
いい一年だったって言える年でありたいと思います。

特に年女の私にとってもうすぐ○○を迎える節目の年です。(嬉しいような悲しいような…)

と言う事で今日は
○○同窓会。
日向に帰って来ます。
久しぶりに同級生に会えるのが楽しみです!

「平成」も残りわずかになりますが、
新しい時代が
みんなが希望の持てる、生き甲斐のある時代になる事を願っています。

今年もライブ楽しみにしています♪

宜しくお願いします☆
  • ねこまんま
  • 2019/01/02 7:24 AM
☆タイムスリップ☆

同窓会が始まると、一瞬で当時にタイムスリップできるのは本当に不思議です。

社長だろうが何だろうが、何十年経っても全員が○○君○○ちゃん。

あっちでもこっちでも昔話に花が咲き、楽しい時間が流れるように過ぎて行きました。

気持ちは昔のままでも
それぞれが生きてきた人生の重さが、言葉や顔に表れ、深みを増していくみたいです。

それでもこれから先どんなに年を重ねても、
みんなが集まれば、いつでもすぐにタイムスリップできる
気心の知れた仲間達の再会が楽しみです。
  • ねこまんま
  • 2019/01/03 8:53 PM
>ねこまんまさん
明けましておめでとうございますm(_ _)m
同窓会楽しまれたようでよかったです^^
「あの頃」を共有した仲間はずっと「あの頃」のままなのでしょうね〜。
  • 西村歩
  • 2019/01/03 9:35 PM
突然ですが(ジャン!)
「西村歩に質問コーナー!」
をかってに作ります。
実は同窓会で、昔ギターをやってた男子に、西村さんのソロギターとの出会いを話していたら、

「それって何系?ビジュアル系?ロック系?ジャンルがあるやろ?」
って聞かれて、そんな事考えた事もなかったので、言葉に詰まってしまって、悔しい思いをしたのです。

そこで何にも知らない私に教えてください。

改めて(ジャン!)
「西村歩に質問コーナー!」

Q\沼爾気鵑離愁蹈ターの曲は〇〇系に当てはまるとしたら〇〇は何?

ロックじゃない事は私だってわかりますが、よろしければ、無知な私に御教授を…。

すみませんです…。
  • ねこまんま
  • 2019/01/04 7:02 PM
>ねこまんまさん
A:◯◯系に当てはまるとすれば、、、「ソロギター」でしょう(笑)
説明する際は「ロックもポップスも歌謡曲も演歌もギター一本で表現するスタイル」でいいのかなと思います。参考になれば^^
  • 西村歩
  • 2019/01/04 8:46 PM
なるほど、なるほど!!

完全に私の認識不足ですね!
お恥ずかしい…。

ジャンルにとらわれず(色んなジャンルを!)って事ですね!

言われてみれば、まだまだ足を運んだ数こそ少ないですが、ライブでは色んなジャンルの曲がありますね!!

改めて、なんだかソロギターって奥が深いんだなぁ。

「そんな事、今頃わかったんかい!」

って西村さんに怒られそうですが、

素晴らしい出会いに感激して涙が止まらないバカな私です。

それを知るきっかけを作ってくれた同級生にも感謝です。

教えてくださってありがとうございます。
  • ねこまんま
  • 2019/01/04 9:51 PM

同窓会以来のお休み日。

久しぶりに
「西村歩ワールド」に浸っています。

いつ聴いても、新鮮に思えるのは何故でしょう?


先の同級生がYouTubeで何曲か聴いてくれたみたいで、
「かつてのウィンダムヒル」に近いかなって言われて、
これまた?????な私でした。

私にとってはそれよりも、とにかく、
「いい曲だね。力になる音楽を持ってる事は幸せなことだね。」
ってまさにその通りだと思ったことでした。

考えてみたら、まだうら若き中学生の頃(笑)その人と仲良し2人組が文化祭なんかで、ギター片手に歌っていたのが、私のギターの憧れの原点だったのかもしれません。

何十年の時を経て、それぞれの人生を歩んで来て、まさかこんな形で共感できるとは、音楽の持つ力の凄さなのでしょうか。

これから先、ずっとずっと、どんな時でも
「西村歩ワールド」の住人でありたいなと願っています♪
  • ねこまんま
  • 2019/01/09 11:01 AM

昼間「西村歩ワールド」に浸りながら、冬の殺伐とした庭を眺めていたら、一輪の水仙の花の蕾が、今日咲こうか明日咲こうかと、まだ見ぬ世界に戸惑いながら、風に揺れている姿が目に止まりました。

周りを見渡すと、
別の場所では、すでに日の光の中でキラキラと白い花を咲かせ、近づくと優しい香りで迎えてくれました。

数ある花の中でも、
私は厳しい寒さの中で凛と咲く水仙の花が大好きです。

気づいてみれば
毎年庭のあちこちで、色んな種類の水仙の花が咲いて、春まで楽しませてくれます。

何気なく咲いている花達も、もしかしたら色んな想いがあるのかもしれませんね。
  • ねこまんま
  • 2019/01/09 7:22 PM
>ねこまんまさん
ステキですね^^
色んな想いがあるのかもですね〜。
  • 西村歩
  • 2019/01/10 9:08 PM

2ndの「名もなき花」
大好きです♪
  • ねこまんま
  • 2019/01/10 9:36 PM

なんか去年は
初めて出会って、1stアルバムをずーっと聴いてて、なんて素敵な曲なんだろうと思いましたが、
12月に2ndを聴き始めたら、これまた全部素敵な曲ばかりで、どれひとつ外せないよねって、しみじみと聴いてます。

しばらくは、2ndを思う存分聴きたいなぁ♪

でもまだ出会ってない後の曲も楽しみだなぁ。
どんな曲が待っているんだろう。

まだ知らない
「西村歩ワールド」にワクワクしつつ、
少しずつ、少しずつ 楽しみをとっておきながら、長〜いお付き合いができたらいいなぁって、つくづく思ってます。

今日も晴れて暖かく、いい成人式日和ですね☆

私は今日も
「西村歩ワールド」で幸せな気分です♪
  • ねこまんま
  • 2019/01/14 10:49 AM
>ねこまんまさん
僕の楽曲を楽しんでいただけて嬉しいです。
明々後日、17日から数日間、次のアルバムのレコーディングです。
頑張りますね^_^
  • 西村歩
  • 2019/01/14 11:03 PM

お忙しいのに、まさかのお返事ありがとうございます。

人に感動を与えてくれるものを生み出す事のできる人って、本当に素晴らしいですね!

誰にでもできる事ではありません。

西村さんの楽曲は、きめ細かで、聴いていると、同じようなフレーズにも微妙な違いがあるので、いつも新しい発見があります。

その繊細な作りにびっくりしてしまいます。


今週末は、福岡に行ってきます。
プロへの登竜門(なのかな?)になる大会を一度見てみたいです。

西村さんがゲスト出演しないのは少々残念ですが、
レコーディング頑張ってください!!

まったく力にはならないでしょうが(笑)
影ながらエールを送りますね。
  • ねこまんま
  • 2019/01/15 5:04 PM

仕事帰りに前から欲しかった花の苗を見つけ、早速玄関前に植えようとスコップを手に、、
な、何とそこには大きなカマキリの亡骸があり、ビックリ!

カラカラになったカマキリを花の側に埋めた後、何気なく木戸口の水仙を見に行ったら、今まで気づかなかったのですが、水仙の葉と葉の間に大きなカマキリの卵が産みつけられていました。

その場所は去年、多分メスであろうカマキリがオスであろうカマキリを補食している現場を見たすぐ近くだと思い出しました。

話には聞いていましたが、いわゆるカマキリの共食いを初めて見ました。

その時は多少ショックを受けたのですが、大きな卵を見て、きっとあの時のカマキリが頑張って子孫を残す為の手段だったんだと、自然の摂理の厳しさを感じました。

その時又思い出しました。
そういえば、去年の暮れ、玄関の冷たいセメントの片隅に、すでに力なくじっとしているカマキリを見つけて、せめてものと、花が終わって緑の茎だけが茂っている場所に移したのでしたが、
もしかしたら、卵を産みつけたカマキリと亡骸となったカマキリは同じ個体だったのかなと思い巡らしてしまいました。

どちらにしても、春になれば、無数の子孫達が新しい命を繋いでいくんだと考えると、
無念の死を遂げたオスも、カラカラの亡骸になったメスもその為に命をかけたんだなぁ、と妙に感慨深く思った出来事でした。

その結果、うちの庭には毎年、あっちにもこっちにも、カマキリが出没します…。
  • ねこまんま
  • 2019/01/16 7:54 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM